Menu

間食にはナッツが良い?アーモンドやクルミの美容・ダイエット効果

0 Comments

出典:https://toremo.jp/archives/13035

間食はやめられないけどダイエットも進めたい…そんな贅沢な願いを叶えられる食材があれば嬉しいですよね。

そんな方にオススメなのが今回ご紹介するナッツダイエットです!ナッツにはダイエットに効果的な成分が含まれているだけではなく、美容や健康など幅広い分野でも効果を発揮します。ナッツの知られざる効果や豊富な種類、ナッツダイエットの方法などをご紹介します。

 

 

ナッツの美容・ダイエット効果とは?

 

ハリウッドセレブの間でも評判が高い美容・ダイエット食品としてよく知られているナッツ。普段はお酒のおつまみなどで食べるようなイメージが強いですよね。

しかし、実はナッツには美容やダイエットにとって絶大な効果を発揮する可能性が秘められています!

 

 

便秘解消効果

 

ナッツには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維を摂取すると腸の働きが正常化されて便通が良くなります。そのため健康的に痩せられるだけではなく、便秘解消によって美肌にも効果的だと言われているのです!

食物繊維は通常1日に20グラム前後は摂取することが推奨されていますが、日常生活で規則正しく摂り続けるのは難しいですよね。そこで食物繊維が豊富に含まれているナッツを定期的に食べれば食物繊維も取り込めるのです!

 

 

体脂肪の燃焼効果

 

ナッツは脂肪分が多いというのを知っていますか?実は1粒の半分以上は脂肪分を含んでいることが多いので、中には「ダイエットに向いてないんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

しかしナッツに含まれている脂肪分は不飽和脂肪酸と言って体に無害な良質な脂肪酸です。不飽和脂肪酸は善玉コレステロールを増やしたりコレステロール値を低下させたりする役割があります。

さらに嬉しいのは不飽和脂肪酸の脂肪の燃焼を助ける働きです!ナッツを食べれば脂肪燃焼効果も期待できるのです。

 

 

代謝のアップ効果

 

ナッツには豊富なビタミン群が含まれています。

特に糖質の代謝に関わるビタミンB1、脂質の代謝に関わるビタミンB2、たんぱく質の代謝に関わるビタミンB6も含んでいるので体の代謝をアップさせるのには適切な食材です!

 

 

腹持ち効果

 

ナッツ類は固くて噛む回数が自然と増えるので、噛み続けることで満腹中枢が刺激されます。またナッツと言っても様々な種類がありますよね。異なる種類を組み合わせることによって味のバリエーションも増えますし、さらに噛む回数も増えるという報告もあるのです。

腹持ちが良くなるのでリバウンドの危険性を下げることができますね!

 

 

アンチエイジング効果

 

美容効果が高くアンチエイジングとしても取り入れられることが多いビタミンE。ナッツにはこの「若返りのビタミン」と言われるビタミンEを豊富に含んでいます!

ビタミンEは抗酸化作用や血行促進作用もあり、冷え性の改善にも効果があると言われています。美肌の実現と健康の維持など女性には必須の栄養分ですね!

 

 

バラエティー豊かなナッツの種類

 

そもそもナッツとは何のことを指すのか知っていますか?一般的にはアーモンドやマカダミアナッツなど木になる実を総称してナッツと呼びます。

そのためよく勘違いされるのですが、畑で栽培されるピーナッツはナッツではないので注意しましょう!

 

ナッツには様々な種類がありますが、それぞれの特徴とカロリーはどのようなものでしょうか?

 

アーモンド

 

アーモンドチョコレートなどで馴染みの深いアーモンド。ナッツのダイエットで一番好まれやすいのはアーモンドでしょう。

アーモンドにはまずゴボウの2倍、サツマイモの5倍とも言われる量の食物繊維を含んでいます。また美容効果の高いビタミンEも豊富に含まれているためまさしく美容とダイエット効果が絶大なナッツだと言えるのです!

 

 

マカダミアナッツ

 

マカダミアナッツもチョコレートに含まれていることも多く、すでに食べた経験もあるかもしれませんね。

みずみずしくて食べやすいマカダミアナッツには不飽和脂肪酸であるパルミトレイン酸が全体の約75%と豊富に含まれています!パルミトレイン酸は脂肪燃焼効果が高く、善玉コレステロールを増加させコレステロール値を下げたり、若々しい皮膚の再生を助けたりと様々な効果が期待できます。

 

 

カシューナッツ

 

カシューナッツは比較的柔らかくて甘い味わいなのでおやつにはぴったりなナッツのひとつです。

美容やダイエット効果以外にもタンパク質の合成を助ける亜鉛や、疲労回復と貧血予防に効く鉄分など健康的な体作りにも欠かせない成分がたっぷり含まれています!

糖質が多いので食べ過ぎには注意したいナッツでもあります。

 

ピスタチオ

 

ピスタチオアイスの登場でますます人気になったピスタチオ。風味があっておやつにも最適なナッツです。

特にピスタチオに多いのは不飽和脂肪酸であるオレイン酸や必須脂肪酸のリノール酸。エネルギーの消費を助けてくれる善玉コレステロールを増加させて代謝を活発にしてくれることで知られています。

また糖質をエネルギーに変換してくれるビタミンB1も豊富に含んでいるので、ご飯が好きな人には是非食べて欲しいナッツです!

 

 

クルミ

 

綺麗なモデルさんがよく間食に食べているイメージが強いクルミ。

クルミには確かに血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸のオレイン酸や、日本人に不足しがちと言われるn-3系脂肪酸のαリノレン酸が豊富に含まれているため、代謝アップや美肌作りには最適です。

またクルミを食べ続けると脂肪が減ったり体重が減少したりしたという研究結果も報告されています!

 

 

ナッツダイエットの効果的な方法

 

ナッツダイエットはナッツを食べるだけで簡単に美容やダイエットに必要な効果を得られるものです。しかし正しい方法を知ることでさらに効果を上げることができます!

 

 

適量が一番!食べ過ぎには注意する

 

ナッツは粒が小さいので、袋からだとついパクパクと食べてしまいますよね。

注意して欲しいのはナッツを食べ過ぎないことです。ナッツのカロリーは結構高めで食べすぎるとカロリーを過剰摂取してしまう恐れがあります。

 

ナッツダイエットをする場合には1日に150〜200キロカロリーを限度に摂取するようにしましょう。

アーモンドで言えば約25粒ほど、カシューナッツは約13粒、マカダミアナッツも約13粒、クルミは約8粒、ピスタチオは約43粒ほどを目安にします。

 

ミックスナッツで買って食べる場合には手のひらでひと摑みするくらいの量を目安にするといいでしょう。袋から食べると量が分からなくなるのでお皿に小分けするなど工夫が出来ます。

 

 

食前や間食でナッツを食べる

 

ナッツを食べるタイミングについてです。

ナッツを食べるとよく噛むことで満腹感を得られやすいと説明しましたが、ナッツを食べるタイミングで最適なのは食前と言えます。

食前のお腹が空いてきた頃にナッツを食べれば、食事での食べ過ぎを抑えることができるからです。

 

また普段お腹が空いて間食がやめられない!という方は間食をナッツに置き換えることもおすすめします。

腹持ちがいいですし様々な種類があるので飽きずに続けられますよ。

 

 

無塩で素焼きのものをチョイス

 

ナッツを使ったお菓子やレシピは豊富にありますが、ダイエットで取り入れる場合にはナッツ本体のみを食べるようにしましょう。

また塩が振ってあったり調理されているものがあったりしますが、無塩で素焼きのものが一番ダイエットには向いています。

なるべくナッツ本来の成分だけを取り入れられるようにしましょう!

 

 

ナッツダイエットの評判は?

 

ナッツダイエットといっても続けられなかったら意味がないですよね。

実際にナッツダイエットを行なっている人はどのように効果を実感しているのでしょうか?

 

「ナッツがダイエットにもいいと聞いてナッツダイエットを始めましたが、実際には美容や健康にも効果があって満足しています!」

「食べ過ぎないか心配でしたが、一粒ずつ結構噛むので腹持ちがよく続けられそうです!」

「間食でナッツに置き換えをしたところ、1ヶ月で1.5キロくらいは痩せられました!」

とナッツダイエットの評判が非常に高いことが分かります!

 

一方でナッツダイエットの悪い評判もありました。

「もともと肌質がオイリーなのですが、ナッツダイエットを始めてからニキビが悪化したように感じます」

「間食を普段しない私にとってはナッツを食べたからといってあまりダイエット効果を期待できませんでした」

という風にダイエットや美容効果を実感できなかったという方もいました。

 

 

まとめ

 

ナッツには便秘解消や脂肪燃焼、コレステロール値の低下などによって健康的なダイエットができる要素がたっぷりと含まれていることが分かりました。

また様々な種類があるナッツは、味のバリエーションが広がって間食の置き換えダイエットにも最適ですね!

 

ただしナッツダイエットをする際には、やみくもに置き換えたり食べたりするだけではなく適切な量を守って程よいタイミングで摂取することが大切です。また人によっては合う合わないがあるようなので、体に不調があらわれた時には無理をしないように休んでくださいね。