Menu

大豆が原料のおやつでダイエット中も綺麗を維持!豆腐やおからが良い理由

0 Comments

ダイエットをしていたら肌がボロボロに!なんだか最近疲れやすくなった!など、ダイエットによる二次被害を経験したことがある方もいるのではないでしょうか?

ダイエットをしても美容や健康に支障をきたしたら元も子もありません!今回はそんな悩みを解決してくれる大豆を取り入れたダイエット方法についてご紹介します。大豆のダイエット効果や大豆を原料にしたオススメのおやつなど、大豆ダイエットのお得な情報を見ていきましょう!

 

大豆がダイエットにいいというのは本当?

日本で伝統的に食べられている大豆は海外でもダイエットに効果的!と人気が高まっているのをご存知ですか?大豆には豊富な栄養素がバランス良く含まれていて、健康的にダイエットをするには最適な食材なのです。

大豆のダイエット効果がどのようなものか見ていきましょう!

 

便秘の解消効果

まずは大豆に含まれている食物繊維の効果です。食物繊維は善玉菌の働きを活性化させて腸内環境を改善し便秘を解消する働きがあります。痩せにくい体質の方はしばしば便秘に悩んでいることも多いので、良質な食物繊維を定期的に摂ることでデトックス効果も上げられますね!

 

また便秘を解消してくれるのは食物繊維だけではありません。大豆には「大豆オリゴ糖」が含まれています。この大豆オリゴ糖は善玉菌のエサとなり活性化させることができ、腸内に発生する有害物質を阻止することができるのです。

 

脂肪燃焼効果

ダイエットをしてもなぜかリバウンドを繰り返してしまう…という方は脂肪より筋肉が減っていて痩せにくい体を作っているのかもしれません。

 

大豆には「大豆ペプチド」といって、リジンやメチオニン、アルギニンなどのアミノ酸の連鎖体も含まれています。これらのアミノ酸は脂肪を燃焼させて筋肉を増強させる効果があることが分かっています。

 

また大豆に含有されている「大豆サポニン」はブドウ糖と脂肪の結合を防ぐことで脂肪が蓄積するのを阻止する効能があります。

余分な脂肪を燃焼させて必要な筋肉を増強できるのでダイエットの強い味方だと言えますね!

 

血行良好で冷え性やむくみ改善

女性に多い冷え性やむくみは体の巡りが悪いことが原因です。冷えやすい体質になってしまうとダイエットにネガティブな影響を与えてしまうだけではなく、体の不調を起こしやすかったり疲れやすかったりしてしまいます。

 

大豆の不飽和脂肪酸である「大豆レシチン」やサポニンには、血管内を綺麗に保ち血液をサラサラにする効果があると言われています。

血行が良くなることで体内の循環がうまくいき、冷え性の改善やむくみの解消に繋がることも指摘されているのです!

 

満腹感を与える

大豆には他の豆類と比べても比較的多くのたんぱく質が含まれています。そして食べ過ぎてしまうと意外にカロリーを多く摂取してしまうので、ダイエットには向いていないんじゃないか?と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、大豆に含まれるたんぱく質は「植物性たんぱく質」と言って満腹感を維持しやすく食べ過ぎを防ぐことができると言われているのです!

そのため痩せやすく体重のコントロールもしやすいと言われています。

 

ダイエットの他にも嬉しい効果大!

ダイエットをしているとなんだか体が疲れたり、痩せたけど肌の調子が悪くなってしまったりと、なかなかバランス良くダイエットを進めるのは難しいですよね。

偏食が続いたり無理のあるダイエットを続けたりすると体が不調を訴えるのは仕方のないことです。しかし、その点大豆には美容や健康にも役立つ成分がバランス良く配合されているので、ダイエットの他にも様々な効果が期待できます!

 

美容効果が高い成分

ダイエットをしていてもお肌の美しさは保ちたいところですよね!

そんな方に朗報なのが大豆に含まれているエストロゲンと大豆ペプチドの美容効果です。この2つの成分はお肌に潤いをもたらしてコラーゲンの生成を促進する働きがあるのです!

 

大豆には他にも健康的な皮膚の状態を保つために必要なビタミンB群やアンチエイジングに最適なビタミンEなどの美容成分もバランス良く含んでいます。

 

またストレスなどの原因で女性ホルモンが乱れると更年期障害や生理不順、お肌の不順などいろいろな問題を起こしやすくなります。

大豆には「大豆イソフラボン」といい女性ホルモンに似た働きをする成分が含有されているのでホルモンバランスを整えるのにも効果的なのです!

 

コレステロールの低下

大豆には脂肪も含まれていますが、動物性脂肪とは違ってコレステロールが含まれていないのでコレステロールを過剰に摂取してしまう心配がありません。

また大豆に含有される大豆レシチンはコレステロールの上昇を抑えて低下させる働きがあるので、コレステロール値を気にしている方にも大豆はオススメの食材なのです!

 

疲労回復や健康維持の効果

先ほどご紹介したアミノ酸の連鎖体からなる大豆ペプチドに加えて、大豆に含まれるアルギニンやグルタミンなどの成分は、肉体や脳の疲労を回復させたり免疫力をアップさせたりするのに効果的であることが指摘されています。

大豆からエネルギーをもらってさらに健康的な毎日が過ごせればダイエットもストレスなく続けられそうですね!

 

オススメ3選!大豆が原料のおやつ

大豆にはダイエット効果のみならず、美容や健康も維持できるような一石三鳥の効果があることが分かりました!

大豆を使ったダイエットで特にオススメな方法は、普段の間食を大豆が原料のおやつに置き換える方法です。この方法だと無理なくダイエットをすることができますし、さらにダイエットに効果的な成分を定期的に体に取り入れることができます。

大豆が原料のおやつで人気が高いオススメなものを3選してご紹介しましょう!

 

SOYJOY


出典:Amazon
まずは大豆バーとして知られているSOY JOYです。コンビニでも簡単に手に入るおやつなので気軽に続けられるだけでなく、様々なフルーツを使ったバラエティ豊かなフレーバーを12種類も用意しているので毎日違う味わいで楽しむことができます!

 

1本あたりのカロリー数はだいたい130キロカロリー前後です。1本のおやつでも食べ応えがあるので、少しずつ噛んで食べれば満腹感も早い段階で得られます。

また血糖値の上昇速度をはかるGI値も低いのでダイエットには最適なのです!

 

蒸し大豆

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1130010083/
蒸し大豆は新しい美容おやつとして注目を集めています。名前の通り大豆をふっくらと蒸しているもので、片手分を食べたとしても50キロカロリー前後とカロリーの低さが話題となっています!

 

濃厚な味わいなので噛み締めて食べることができますし、近年では蒸し大豆ブームで製品化されているものも多いので気軽に手に入れることができます。

 

炒り大豆

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/kurodamameya/4972626506845.html
節分の時に食べるような大豆が好きな方はおやつに炒り大豆を取り入れてみるのもいいでしょう!

炒り大豆は油などを使わずに大豆をそのままフライパンで炒ったり、オーブントースターで調理したりしたものです。ちょっとずつ食べるには歯ごたえもあって満足感が高いでしょう。

 

大豆の定番メニュー!豆腐とおからのダイエット効果

大豆を使った定番のメニューといえば豆腐やおからです。実は2つとも大豆の良さを最大限に引き出せるダイエットメニューとしては最適なのです!

 

豆腐は100グラム食べたとしても60キロカロリー前後、おからは100グラムで80キロカロリー前後と非常に低カロリーです。

そのためお腹が空いた時、間食に豆腐やおからを食べるのもオススメですよ!

 

ただし醤油や出汁などを使いすぎるとカロリーが過剰になってしまうことがあるので注意してくださいね。

 

 

普段の食事に大豆をプラスワン!

このようにバランスよくいろいろな成分を含んでいる大豆ですが、現代の食生活で大豆を定期的に取り入れるのは結構難しいですよね。

間食に大豆を原料にしたおやつを食べている方は食事の際にしっかり大豆を食べなくても補完できますが、どうしても普段の食事で大豆を取り入れたい!という方にはオススメの方法があります。

 

まずはお味噌汁を毎食食べること。お味噌汁はプラスワンで加えることができますし、近年はインスタントのものや溶かすだけの味噌も出てきているので簡単に取り入れられますよね!

また朝ごはんに豆乳を加える、納豆のパックを買っておくなどの方法もあるので是非試してみてください!

 

まとめ

大豆を使ったおやつでダイエットをする方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

大豆には便秘解消や脂肪燃焼、冷え性やむくみ解消などダイエットにも嬉しい様々な効果があるだけではなく、お肌の美しさを保って健康な体を維持するのにもバランスの良い食材であることが分かりましたね!

 

一方でカロリーが高くなりがちなので食べ過ぎには注意して、おやつとして取り入れることが向いています。大豆を使った製品やレシピがたくさんあるので皆さんも普段の生活に是非大豆を取り入れてみてくださいね!