Menu

酵素ダイエットは痩せないのか?6つの原因を考える

0 Comments

出典:https://j-ckdi.jp/entry28/

芸能人やネットの口コミから注目を浴びている酵素ダイエット、一度はチャレンジした人も多いのではないでしょうか。劇的に痩せるという口コミに期待が高まりますが、一方ではなかなか痩せないという声があることも事実です。
ダイエットの方法には、人によって向き・不向きがあるものですが、酵素ダイエットはどうなのでしょうか。
酵素ダイエットは、本当に痩せるのでしょうか?それとも痩せないのでしょうか?どうやら酵素ダイエットについて間違った認識で実践している人も多いようです。

 

1.酵素ドリンクや酵素サプリを飲めば痩せると思っている

酵素ドリンクや酵素サプリの効果をもう一度考えてみましょう。
酵素ドリンクやサプリは、酵素の働きによって身体の基礎代謝が良くなり、「痩せやすい体質になる」ということです。身体の中の様々なところで、体重が減少するための理由を作るということです。
痩せやすい身体になるので、大事なことはそこから痩せるためにどう頑張るかということなのです。

しかし、間違った認識として、酵素を摂取することで、脂肪を分解したり溶かしたりできると思っている人もいるようです。
酵素ドリンクやサプリは、魔法のようなものではないことは覚えておいてください。

 

2.置き換えダイエットをしていない

酵素ダイエットの基本は、置き換えダイエットの方法をとることです。置き換えダイエットとは、1日3食のうち、朝・昼・晩のどこか1食を酵素ドリンクやサプリのみにすることです。

いつも通りの食事パターンの中に酵素ドリンクを取りいれる方法だと、基礎代謝が上がるとは言え、摂取カロリーが増えてしまい、あまり意味がありません。
ダイエットの基本は摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことですから、このスタイルで痩せるのは難しいのです。

置き換えるのにベストな食事の時間帯はいつかと考えると、生活活動が少なくなる夜であると言えます。
夕食を酵素ドリンクに置き換えることが、一番体重を落としやすいタイミングです。

 

3.間食をしてしまう

せっかく3食の中の1食を酵素ドリンクやサプリに置き換えたとしても、食事の合間にお菓子やケーキといった間食をとってしまうと、摂取カロリーが増えてしまいます。
同じように、食事の中で揚げ物や肉類ばかりを多く取ってしまっても、摂取カロリーが高くなります。

ダイエットの基本は、食生活の改善が大切です。食事の量や中身の管理はもちろん、間食にも気を配ってみてください。

 

4.ダイエットの期間が短い

酵素ダイエットに限らず、どのダイエットにも言えることですが、ダイエットに取組むのなら、最低3カ月を目安に取り組んでください。
痩せたと思ってダイエットを短期間で切り上げてしまうと、リバウンドをしてしまう可能性が高いのです。

特に、酵素ドリンクやサプリを使って置き換えダイエットを行うと、短期間で体重が減る効果が見られますが、大切なのはそこでやめないことです。
このタイミングでダイエットを止めてしまうと、身体のエネルギー吸収率が高まった状態のため、食事を蓄えリバウンドをしてします。

3か月未満の短期間でダイエットに成功したように見えても、もう少し同じペースで酵素ドリンクやサプリを活用したダイエットを継続してみてください。

 

5.不規則な生活や食生活の乱れが続いている

酵素を積極的にとっていても不規則な生活をしていたり、乱れた食生活をしていませんか?
夕食が寝る間際になっっていると、それが遅い時間であればあるほど食事を取った際に身体に蓄える脂肪量は多くなります。
また、食事を取る時はよく噛んで食べているでしょうか?あまり噛まずに飲み込むような食べ方をしていると、消化のために消化酵素をたくさん使ってしまいます。
これでは、酵素ドリンクやサプリを使って酵素を摂取しても、ムダ使いをしていることになってしまいます。

さらに、体内にある酵素は、人間が寝ている間に作られます。
そのため睡眠時間が不規則であったり、夜更かしの多い生活が続くと、体内の酵素の作られる量が減ってしまうのです。ダイエットは、身体のコンディションがいいほど効果も見込めるものです。生活習慣を改善して、ダイエットに取組むように心構えが必要です。

 

6.ファスティングダイエットのやり方を間違っている

ファスティングダイエットとは。酵素と水分以外の食を断つ断食ダイエットを意味します。短期集中で体重を落とす方法です。それ故に、間違った方法でファスティングダイエットに挑戦をしてしまう人が多いのも事実です。

正しいファスティングダイエットとは、2~3日の断食期間を設けるのが普通なのですが、必ずその前後に準備期間と復食期間を設けなければなりません。準備期間と復食期間は、それぞれ断食期間とほぼ同日数の期間を行います。

準備期間とは、断食期間に向けて徐々に食事を減らしていく期間です。
復食期間とは、徐々に食事の量を戻していく期間です。

この二つの期間を設けることで、内臓に負担がかからぬよう、そしてリバウンドが起きないようにするのです。

ファスティングの間違ったやり方とは、例えばいきなり断食を行い、断食終了後にすぐに食事の量や内容に気にかけず、元の食事と同じように食べてしまうことです。
これでは、身体に負担をかけてしまうばかりか、リバウンドを起こしてしまう原因となります。ファスティングダイエットにおいては、断食期間のその前後の食事のとり方も大切なのです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、酵素ダイエットがうまくいかない6つの原因について考えてみました。
酵素ドリンクやサプリを使ったダイエット方法は、いろいろとありますが、正しい方法でやる事が大切です。せっかくダイエットを行うのですから、体重が落ちた!という成果につなげたいですよね。

ぜひみなさんも、正しい方法で酵素ダイエットにチャレンジしてみてください。