Menu

胃もたれの原因・予防・改善方法

0 Comments

出典:https://brand.taisho.co.jp/kanpou/tsukiau/kotsu3.html

1.胃もたれとは

社会人になると付き合いで食事や飲み会に行くことが増えるため、胃もたれに悩増されている方も少なくないのではないでしょうか。
なんだか胃がむかむかしたり、気持ちが悪いと「胃もたれがする」と言いますが、胃もたれとはそもそもどのような状態のことをいうのでしょうか。

胃もたれとは、食べ物がきちんと消化されずに胃の中に残っている状態のことをいいます。胃が重たいような感じがする、なんとなくスッキリしない、何となく不快、これらは全て胃もたれにあたります。

胃は、通常食道を通って送られてきた食べ物を蠕動運動と胃液によってドロドロにし、十二指腸へと送ります。しかし何らかの原因によって内容物が十二指腸に送られずに滞溜してしまうと、胃もたれが起きます。

2.胃もたれの原因について

胃もたれになる原因はいくつかあります。
1つ目は、食生活です。脂っこい食べ物や、刺激の強い食べ物、早食いや暴飲暴食、バターやマーガリンを多く使っているケーキやクッキーなどを食べ過ぎることによって起こります。これらの食材は消化に時間がかかり、胃に負担をかけるからです。

2つ目は、胃の働きの低下です。胃は食べた物を蠕動運動で動かして十二指腸に送り出しますが、体質的に蠕動運動の弱い方や、加齢による胃の機能の低下などでスムーズな消化ができず、胃もたれを起こしてしまいます。
また、冷え性の方は血行が悪いため胃腸などの内臓の働きにも支障をきたすことがあるようです。胃腸が冷えて働きが鈍くなり、便秘や下痢、胃もたれや胃痛などに悩まされてしまうようです。

3つ目はストレスです。胃は、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことによって正常な運動をし、食べ物を消化しています。
ストレスを感じると、この自律神経のバランスが崩れてしまい、胃の細い血管が傷ついたり、胃潰瘍ができやすくなったりします。また、胃の機能が低下し、粘膜を守る粘液の分泌が少なくなったり、蠕動運動が弱くなって十二指腸に送り出す働きが弱まり、胃もたれを引き起こします。
ですので、ストレスはなるべく溜めずに、自分なりのストレス発散方法を見つけるようにようにしましょう。とはいってもストレス発散のためにタバコを吸ったり、暴飲暴食をするなどの行為は逆に胃もたれを悪化させてしまいます。
散歩をしたり音楽を聴いたり、身体に良いストレス発散をすることが大切です。

4つ目はアルコールです。アルコールは胃の働きに大きな影響を及ぼします。食事をする前に大量に飲むと、アルコールによって胃が刺激されてしまいます。胃の粘膜が荒れ、胃の運動機能が低下し、胃もたれへとつながります。アルコールは胃へのダメージが大きいため量を考えて飲むようにしましょう。

3.胃もたれの症状について

胃もたれの症状としては食欲不振、胃の膨満感、吐き気などがあります。
胃にいつまでも食べ物が残っている状態が続くと、当然ですが食事をする気分にはなりません。また、食べ過ぎなどによってきちんと消化ができていない場合には胃の張りや膨満感がでてしまいます。
腸内にガスが溜まっている場合には、胃にたまった内容物が押されて食道へと逆流するような吐き気に繋がってしまうこともあります。

4.胃もたれの改善方法について

まず、胃もたれを改善するには食事の改善をすることが大切です。脂っこい食べ物や、刺激物を控えるようにし、消化を助ける胃に優しい食べ物を取るようにしましょう。胃酸の量を調節して胃腸の機能を高める効果のあるヨーグルトなどがおすすめです。温かい飲み物や野菜のスープ、おかゆやうどんなども胃にはとても優しい食べ物です。胃もたれが酷い場合には胃をいたわるようにしてあげましょう。
食べ過ぎず、よく噛んで食べるようにします。胃もたれ解消にはリラックスをすることが大事です。入浴をすると胃も温まってきますし、動きなども活発になってきます。生活リズムを規則正しいものに改善をするようにしましょう。

5.胃もたれによい飲み物について

胃もたれには、食前に牛乳や豆乳を飲むことがよいと言われています。牛乳に含まれているたんぱく質が胃の内部の粘膜を保護してくれるので胃もたれを起こしにくくしてくれます。
胃酸を中和してくれる役割もあるので、胃酸過多で胃もたれを起こしている人にもお勧めです。豆乳にも同じような働きや効果があります。ですが、冷たい牛乳や豆乳を飲むのも、胃に刺激を与えてしまうことになりますので、ほんのり温かい状態で飲むのがベストです。
食事をする前以外に、胃もたれの症状がでてからでも効果があると言われています。

他にも、りんごジュースやココアなどもオススメの飲み物です。
りんごジュースは胃に優しい飲み物としてはあまり有名ではありません。しかし、りんごには消化を助ける働きがあって胃もたれの解消には高い効果が期待できるのです。お店などで売っている市販のりんごジュースでもかまいませんし、自宅で自分ですりおろしてからジュースを作って飲むのも栄養価が高くおすすめです。
ココアには、オレイ酸やリノール酸などの成分が含まれており、これらがピロリ菌を除去してくれる働きを持っています。胃痛や胃もたれには早い効果が期待できます。

6.胃もたれに効くツボについて

胃もたれに効くツボというものもあります。胃もたれによいツボは内関という場所にあります。手首を内側に曲げるとしわができますが、しわの中央から指3本分肘方向に向かったところが内関です。そこを手首方向にゆっくり時間をかけて押すと胃の調子が良くなってくるようです。

足三里という場所も胃もたれに効くツボがあります。膝小僧の外側にある窪みから、大体指3本分くらい下に下りた部分です。胃のツボとしてはとても有名なツボなのですが、足の疲れを癒す効果もあるツボなんだそうです。

中?というツボはみぞおちの少し上にあります。胸骨の中心のやや下に位置しており、このツボは、胃もたれ以外にも、胃痛や吐き気、食あたりにも効果のあるツボです。夏バテ、肩こり、頭痛、めまいなどの悩みも解消してくれるといいます。

胃兪はウエストのくびれから指2本分の高さ、背骨から指2本分外側にずれた場所にあるツボです。胃の病気にも効果があります。